2017国語物語文出題予想ベスト10

中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント! 鉄人の英知を結集した志望校別攻略本プレゼント!

2017国語物語文出題予想ベスト10

中学受験鉄人会
合格100%

6年生のご父母の皆様へ

いつも鉄人会のホームページをご覧頂き誠に有難うございます。
いよいよ6年生を担当できる枠がいっぱいとなってしまいました為、今年度の6年生のお申し込みにつきましては受け付けを終了させて頂きました。何卒宜しくお願い申し上げます。

2016年9月16日

教務部一同

2017.1.17配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
四谷大塚・早稲田アカデミー4・5年生 予習シリーズ算数下 第19回攻略ポイント

<算数 5年下 第19回 >

第19回は『総合』です。難しい分野が多くありますので、第16回から第18回までの基本が理解できているか、基本問題を解いて確認しましょう。攻略ポイントとしては、基本問題の中でも重要な問題を解説します。

【攻略ポイント1】

「基本問題 第16回-3」は、登場人物が3人以上の年令算の問題です。 今からマル1年後には、それぞれの年令は(マル1)才増えます。現在の両親の年令の和は72才ですから、マル1年後には、(72+マル2)才になります。また、現在の子どもたち3人の年令の和は20才ですから、マル1年後には、(20+マル3)才になります。両親の年令の和が子どもたちの年令の和の2倍になりますので、72+マル2=(20+マル3)×2と表されます。分配法則により、(20+マル3)×2=40+マル6ですから、72+マル2=40+マル6となります。ここから、72−40=マル(6−2)となり、マル1は、32÷4=8と求められます。よって、8年後となります。

【攻略ポイント2】

「基本問題 第17回-2」は、点の移動の問題です。解答と解説の冊子の73ページにある図を参照してください。

  1. PQとDCが平行となるのは、点Pと点Qの進んだ距離の差が、AD=10cmとBC=16cmの差と同じになる、つまり(16−10=)6cmになるときです。6÷(3−1)=3より、3秒後です。
  2. PQがABと平行になるのは、点QがCを折り返した後で、AP=BQとなるときです。このとき、点Qは、BC+CQの長さを進んでいますが、ここにAPの長さを加えると、BC+CQ+AP=BC+CQ+BQ=BC×2です。よって、点Pと点Qの進んだ距離の和が16×2=32cmのときです。32÷(1+3)=8より、8秒後です。
【攻略ポイント3】

「基本問題 第18回-2」は、ある図形の周りを円が転がる問題です。解答と解説の冊子の74ページにある図を参照してください。

  1. 円の中心の動きは、直線と曲線になります。直線部分は、正三角形の辺と平行に同じ長さだけ動きますので、5×3=15cmです。また、曲線部分は正三角形の頂点を中心に円の半径の長さを半径とした弧をえがきます。この弧は、正三角形の3つの頂点のそれぞれの部分にできますが、まとめると、中心角の和が{360−(90×2+60)}×3=120×3=360(度)となり、円周1つ分になることに注目してください。よって、2×2×3.14=12.56cmです。よって、円の中心Oが通ったあとの線の長さは、15+12.56=27.56より、27.56cmです。
  2. この問題のような凸型図形(出っ張っている図形)の周りを、円が通ったあとの図形の面積は、円の中心が通った長さに円の直径をかけることで求められます。予習シリーズ175ページの説明を参照してください。よって、27.56×4=110.24より、面積は110.24平方cmです。

<算数 4年下 第19回 >

第19回は『総合』です。基本問題を解いて、第16回から第18回までの基本が理解できているか、確認しましょう。攻略ポイントは、練習問題を取り上げて進めます。

【攻略ポイント1】

「練習問題1」は速さの問題です。

  1. 弟は速さも距離もわかっているので、時間を求めることができます。時速12kmの速さで、6km進みますので、6÷12=0.5より0.5時間。つまり、弟はB地点に30分後に着きます。そして、兄は弟より3分遅く着きますので、30+3=33より、33分後です。
  2. 兄は、6kmの2/3の距離、つまり6×2/3=4kmを、時速15kmで進みます。4÷15=4/15ですから、60×4/15=16分かかります。よって、残りの(6−4=)2kmを、休みの5分ものぞいた、33−(16+5)=12分で進むことになります。12分=12/60時間ですので、2÷12/60=10より、時速10kmで走りました。
【攻略ポイント2】

「練習問題3」は、場合の数の問題です。

  1. 3個の分銅のうち、2gの分銅を2個使う場合を(ア)、1個使う場合を(イ)、使わない場合を(ウ)として、それぞれの場合について考えます。(ア) 2gの分銅を2個使う場合は、残りの1個を5gにする場合と、10gにする場合の2通りあります。(イ) 2gの分銅を1個使う場合は、残りの2個を5g2個にする場合と、5gと10gを1個ずつにする場合の2通りあります。(ウ)2gの分銅を使わない場合は、5g2個と10g1個の1通りになります。以上、2+2+1=5より、5通りあります。
  2. 使う分銅の個数に分けて考えます。(A)1個使う場合は、2gか5gか10gの3通りあります。(B)2個使う場合は、2g2個、5g2個、2gと5g、2gと10g、5gと10gの5通りあります。(C)3個使う場合は、(1)より5通りあります。(D)4個使う場合は、全部で5個ある分銅のうち、1個をのぞくことと同じになりますので、2g1個をのぞく、5g1個をのぞく、10g1個をのぞく、の3通りあります。(E)5個使う場合は、1通りです。ここからの最後の詰めが大事になりますので、よく注意してください。合計の重さを考えますと、5g2個と10g1個は同じ重さになりますので、10gになる場合(5g+5g、10g1個)の2通り、12gになる場合(2g+10g、2g+5g+5g)の2通り、14gになる場合(2g+2g+10g、2g+2g+5g+5g)の2通りは重なります。つまり、重なりはそれぞれ1通りとしますので、(2×3÷2=)3通りは重なることになります。よって、全体の和から重なりを引いて、3+5+5+3+1−3=14より、はかることのできる重さは、14通りになります。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

お電話での問い合わせ、資料のご請求はこちらから

中学受験鉄人会から父母の皆様へ

我が子をより良い教育環境に置くために、また将来の大学受験を有利に迎える為に、中学受験を決意することは我が子を愛する親の義務と言っても過言ではありません。そして、望んで中学受験の道を選んだからには100%合格させなければなりません。その中学受験で「合格」を勝ち取った経験や、私立中学でのさまざまな経験、良質な教育がお子さんにとって一生の宝物になるからです。

だからこそ、中学受験には抜群の合格実績を誇る、われわれ鉄人会の『中学受験専門プロ家庭教師』をお選び頂きたいのです。常に「鉄人会3大ポリシー」、「100%合格」を胸に、親御さんからお子さんへの「中学受験合格」という「最高のプレゼント」を私どもプロ家庭教師の中学受験鉄人会がしっかりと届けます!

中学受験鉄人会では、実際に担当できるプロ家庭教師の模擬授業を無料で受けて頂いた上で、指導をスタートしてよいかどうかをご判断頂く流れとなっております。担当のプロ家庭教師が決定して指導開始が決定するまで一切費用はかかりません。まずはぜひ、われわれ鉄人会プロ家庭教師の指導力を実感してください!

父母の皆様、ぜひ、大切なお子さんのご指導を、われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師にお任せください!

プロ家庭教師の中学受験鉄人会
主幹 長浜亮

家庭教師の中学受験鉄人会
『3大ポリシー』

  • 中学受験では100%合格しなければならない!
  • 中学受験で合格する為にはプロ家庭教師が最適である!
  • われわれは少数精鋭のプロ集団でなければならない!

夏休み短期指導コース
SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 5年生マンスリー予想問題