中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

12/22(金)SAPIX 5年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/15〜12/21 17時まで 詳細はこちら

12/12(火)SAPIX 4年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/5〜12/11 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2014.6.26 配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
桜蔭中学出身の鉄人会プロ家庭教師が母校をご紹介します。

今回は、私の出身校である桜蔭中学校についてご紹介します。皆さんは、桜蔭と聞いてどんなイメージをされますか?・・・「地味」?「勉強大変そう」?はい、よく言われます。確かにそれは事実です。でもそれは表面的なイメージで、実際6年間過ごしてみると、元気さと優しさ、温かさに溢れた学校でした。今回皆さんに、そんな桜蔭の素顔をお伝えできたらと思います。なお、私が卒業してもう15年ほど経ちますので、現在と異なる状況があるかも知れませんが、どうかご了承ください。

【生徒の様子】

地味だ、とよく言われますが、桜蔭の地味なイメージの一因は、その制服にあると思います。昔から変わらぬ丸襟とジャンパースカート。アレンジのしようが無く仕方ないのです。よく見て頂けたら、おしゃれな子もちゃんといます。

性格は、明るくて元気な普通の子が大半です。お嬢様タイプは非常に少なかった気がします。おっとりした子も個性的な子も、自然と溶け込んでいました。よく「芯の強い子が多い」と言われますが、確かにあまり他人の意見に左右されず、また他人にも干渉しない子が多かったです。一人でも大丈夫、といった感じなので、女子校にありがちなグループ同士の対立やイジメなどは一切無く、派手な子と地味な子も普通に会話していました。

【勉強について】

学校の勉強については、進度が早くテスト範囲も広かったです。また、中1から東大受験向けの塾に通っている子も多かったため、内部での成績格差(!)は入学当時から出始めていました。もしかすると皆さんも、内部競争の冷たいイメージを持っていたりするかもしれません。

でも、周りの友達をライバル視し、闘志を燃やすような子は全くいません。そもそも、皆ただ偏差値の高い大学に行きたいから勉強しているわけでは無いのです。その先に、お医者さんや弁護士や研究者になって社会貢献をしたいという夢を持っている子も多数おり、そのためには(つまり自分のために)勉強するのが当然、と考えていました。そんな感じなので、勉強=周囲との競争、ではないのです。

学校も、勉強は競争するものではなく、自分のために行うものという見方で、成績別のクラス分けや校内順位の発表はありませんでした。思い返せばいつも友人と助けあいながら、和気あいあいと温かい雰囲気の中で勉強していた気がします。

【先生について】

桜蔭は、先生方が素晴らしい!と大きな声で伝えたいと思います。もともと学校創立がお茶の水女子大学の同窓会(桜蔭会)であるためか、私の頃はお茶の水女子大学出身の先生が多く、全体で見ても9割方が女性でした。男性のイケメン先生など皆無で、女子としてはややガッカリな面もありましたが・・・とにかく愛情が深く素晴らしい方が多かったです。

一学年が5クラスで、担任5名は基本的に6年間一緒です。毎年クラス替えがあるので、どの先生にもほぼ一度は担任をしてもらうようになるのですが、ベテランと若手・文系と理系といったバランスが良く、どのクラスも魅力的でした。

余談ですが、私は数学が苦手で、中学のうちに落ちこぼれてしまったのですが、学年の数学の先生が諦めずにテスト毎に補習をしてくれました。大学受験の際には文系ですがセンター数学で満点を取る事ができ、先生に報告しに行ったところ、泣いて喜びながら『としまえん』の割引券を「今はこれしかないけど・・・おめでとう!」と言いながらくれました。そんな感じの温かい先生が多かったです。

【部活について】

部活は圧倒的に文科系が多く、運動部は他校に比べると少なく、内容も軽めだったと思います。私の時は卓球部とダンス部が大会でいい成績を修めていました。どの生徒も何らかの部には入っていたのですが、部活では、中学・高校の壁を越えて触れあえるのが何より魅力です。中学生の時から、勉強と部活の両立をしている高校生の先輩を見られるのは、とても良い経験になりました。先輩には真面目な進路相談もしましたが、「どれくらいスカートの丈を上げても怒られないか」などアドバイスを貰うこともあり、楽しい思い出がたくさんあります。

【まとめ】

桜蔭の校訓は「勤勉・温雅・聡明であれ」「責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ」というものです。今でも毎年同窓会があるのですが、集まる友人たちを見る限り、この校訓通りの社会人になっています。他人に自慢できるような仕事に就くのが大事なのではなく、自分が誇りを持って社会貢献することが大切だということ。皆さまざまな道を歩んでいますが、その意識を持っているからこそお互いを尊重し仲良くし続けられるのだと思います。また、同窓会には毎年、学年担任の先生方が揃って参加してくれますが、当時のことをよく覚えていて下さり、お話がはずみます。

最後になりますが、皆さんの桜蔭中学校のイメージは変わりましたでしょうか?お子様に温かい環境で正しい価値観を身につけさせたい、と思われる方は、ぜひ桜蔭中学校の受験をご検討ください。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題SAPIX 5年生組分けテスト予想問題