中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

12/22(金)SAPIX 5年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/15〜12/21 17時まで 詳細はこちら

12/12(火)SAPIX 4年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/5〜12/11 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2014.10.25配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
入試で狙われそうな最近の時事ニュース(様々な特徴を持つ北海道の湖は要注意!)

日本で最も透明度の高い北海道の摩周湖(ましゅうこ)は、1931年に透明度で世界記録となる41.6メートルを観測しました。その摩周湖に雪のような浮遊物が見られているという記事がありました。摩周湖の透明度の変化は以前より話題になっており、2012年度の武蔵中学の理科では、その原因を記述させる問題が出されていました。

北海道にある多数の湖の中には摩周湖のように中学入試の出題対象になりうるものがいくつもあります。そこで今回は北海道の湖をテーマにしてみたいと思います。

そこでこんな問題が考えられます。
「北海道に見られる多くの湖は火山の活動によってできた窪地に雨水がたまってできたものです。このような湖を○○○○湖と呼びます。このカタカナ4字を答えなさい」

「北海道の湖の中には、水鳥が生息する湿地として、ある国際条約に登録されているものがいくつかあります。この湿地の保存に関する国際条約の名前を答えなさい」

【まずこの5つの湖から】

上記の問題への答えの前に、北海道の湖の中で特に中学入試の出題対象としておさえておきたいメインの5つの湖を挙げておきます。

 
  • 阿寒湖(あかんこ)→特別天然記念物のマリモ
  •  
  • 摩周湖→日本一の透明度
  •  
  • 洞爺湖(とうやこ)→2008年にサミット開催
  •  
  • 屈斜路湖(くっしゃろこ)→日本最大の○○○○湖(上記の問題の解答)
  •  
  • サロマ湖→北海道最大の湖

この中で洞爺湖については2009年の渋谷教育渋谷の社会で出題されていましたので、ぜひチェックしてみてください。
ここからは、それらとは別の湖を取り上げてみます。

【湖ができるまで】

火山活動でできた窪地をカルデラ、そこに雨水がたまってできた湖をカルデラ湖と呼びます。北海道では阿寒湖や屈斜路湖、支笏湖(しこつこ)や洞爺湖、摩周湖など多くの湖がカルデラ湖になります。ただ、それ以外のなりたちで出来上がった湖もあります。そのひとつがチミケップ湖です。この湖はオホーツクの秘湖と呼ばれ、チミケップはアイヌ語で「山の水が崖を破って流れ落ちるところ」という意味になるそうです。

チミケップ湖は約一万年前に地殻変動によるがけ崩れで、谷がせき止められてできた湖と考えられています。こうしてできた湖を堰止湖(せきとめこ)とも呼びます。湖の水を満たすのは、周囲に広がる天然林から流れ出す小川です。森の栄養が川を経て湖に流れ込み、様々な生き物を育んでいるのです。このチミケップ湖のもうひとつのポイントはヒメマスの原産湖であることです。塩焼きやムニエルとして愛される高級魚のヒメマスですが、日本での原産湖はチミケップ湖と阿寒湖の2か所だけです。十和田湖などでも見られるヒメマスは、この2つの湖から放流されて自生したものだそうです。

【謎のオホーツク人とアイヌ民族が暮らした場所】

水鳥の生息地として重要な湿地の保存に関する国際条約は、ラムサール条約です。1975年に発効して、1980年以降定期的に締結国会議が開催されています。
 日本でラムサール条約に登録されている湿地は現在のところ、北海道だけでも13か所に及びます。釧路湿原や阿寒湖などが有名ですが、その中に濤沸湖(とうふつこ)という湖があります。この濤沸湖には実は様々な見どころがあるのです。

まず湖のなりたちですが、海の作用で堆積した土砂により砂州(さす)が発達して、海の一部が区切られて湖となりました。このようにしてできた湖を海跡湖(かいせきこ)と呼び、同じ北海道のサロマ湖や、秋田県の八郎潟も同じようなタイプになります。濤沸湖はオホーツク海とつながっているため、川と海の両方の水が混じり合う汽水湖(きすいこ)になります。濤沸湖の湖口の奥の方には藻場(もば:水中で育つ藻が集まっているところ)がありますが、この藻場が魚などにエサを与え、産卵や生育、あるいは隠れるための場所を提供するなど生き物にとって重要な場所になっているのです。

この濤沸湖の近くからはアイヌの人々が生活していたとされる遺跡が発見され、また少し離れた場所にはアイヌ民族とは異なる「オホーツク人」が暮らしていたとされる痕跡が残されていました。オホーツク人とは、魚や海獣を生活の糧にしていた海洋民族で独自の文化を持っていたと言われています。ところがなぜかある時期から消えてしまったことから、その生活スタイルなどは謎に包まれたままになっています。

濤沸湖には国の希少野生動植物とされている生き物が多く見られます。この貴重な場所を守ろうと、地元の漁業者や地域の人々が一緒になって濤沸湖の環境を守るための様々な取り組みを行っています。こうした、湿地の生き物のつながりである生態系を維持しながら、人々の暮らしのために湿地を持続的に利用していくことをワイズユース(賢明な利用)と呼びます。このような考え方を将来にわたって受け継いでいくことの重要性が再認識されていることに注意が必要です。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題SAPIX 5年生組分けテスト予想問題