中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

12/22(金)SAPIX 5年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/15〜12/21 17時まで 詳細はこちら

12/12(火)SAPIX 4年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/5〜12/11 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2016.3.19配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
入試で狙われそうな今月の理科トピックス

今月は、“ジカ熱”と“ペットボトルを食べる細菌発見”それに“福島を水素エネルギーの技術開発拠点に”について取り上げてみましょう。

<ジカ熱>

中南米を中心に蚊が感染を広げるジカ熱、正式にはジカウイルス感染症(かんせんしょう)が流行しています。日本でもブラジルから帰国した方2名が感染していたことが判りました。今は未だ日本では蚊が元気に飛び回る季節ではないのですが、ブラジルのリオデジャネイロ五輪観戦から多くの日本人が帰国する8月頃は日本でも流行することが恐れられています。

「ジカ熱ってなに?」

第2次世界大戦が終わって2年たった1947年、アフリカのウガンダにあるジカ森林に生息するアカゲザルから発見されたウイルスによる感染症です。
感染すると発熱や目の充血や発疹などが出るそうですが、症状は比較的軽く7日程度で治ると言われています。但し、恐ろしいのは、お腹に赤ちゃんがいる女性が感染すると頭が十分に発育しない「小頭症」の赤ちゃんが生まれる危険性があり、約3割の赤ちゃんに何らかの異常が見つかっているという研究報告が発表されていることです。日本政府として、妊娠中の女性は流行地域に行かないよう呼びかけています。

「予防策は?」

有効な治療薬やワクチンは未だ有りません。ウイルスを国内に持ち込まないよう、流行地域に行ったときには長袖、長ズボンを着て、虫よけスプレーをこまめに使って、蚊に刺されないようにしましょう。感染症の被害が生まれてくる赤ちゃんに影響しないよう蚊の駆除(くじょ)をはじめ、社会全体で協力し合っていきたいですね。

「蚊が媒介する主な病気」

2年前の2014年8月から9月にかけて、69年振りに国内で感染者が出たデング熱。代々木公園や新宿中央公園で採取されたヒトスジシマ蚊からデング熱ウイルスが見つかり、公園を入園禁止にして大々的に蚊の駆除作業をしましたが、結果的には国内各地に患者が広がってしまいました。
この他にウイルスが原因の「日本脳炎」マラリア原虫が原因のマラリアが有ります。

< ペットボトルを食べる細菌発見 >

皆さんが日頃飲んでいる容器に使われているペットボトルは温暖化防止対策やエコのために回収しリサイクルされていることは知っていますよね。その先はどうでしょうか? 工場に戻った容器は大きく分別され、細かにくだかれ、ごみや汚れを取り除くために洗浄され、金属などと分離された後、ペット樹脂の粒になります。その後、ペットボトルに再度作られるもの、シートや繊維製品、樹脂製品などになります。 その各種製品の原材料となるペット樹脂の粒にするのには高温高圧で化学処理をしなければならないので、ばくだいなエネルギーが使われています。

「省エネのスター登場?」

今までペット樹脂は生物によって分解されないと思われてきました。ところが、京都工芸繊維大や慶応大などの研究グループが、分解して栄養源とする細菌を発見したと発表しました。研究チームは、自然界にペット樹脂を分解する微生物がいないか探すため、ペットボトルの処理工場などでペット樹脂のくずを含んでいる土や汚泥などを採取し、試験管で培養したところ、ペット樹脂を分解して栄養源として増殖する細菌を取り出すことに成功しました。大阪府堺市で採取したサンプルから見つかった菌であることから、「イデオネラ サカイエンシス」と名付けられました。こんな細菌が居たのですね。
まだまだ効果的に分解はしてくれませんが、今後の研究に期待できるそうです。
微生物を利用した、少ないエネルギーで環境に優しい、エコなリサイクルが近い将来に実現できることになるでしょう。

< 福島を水素エネルギーの技術開発拠点に >

安倍首相は福島県を水素エネルギーの技術開発拠点とする「福島新エネ社会構想」を発表しました。陸上や海上の風力発電、地熱発電等から作られた電気で水を分解し、燃料電池車1万台分の水素を2020年までに作り、二酸化炭素(CO2)の排出削減をしようとする構想なのだそうです。これまでの水素は主に石油などの化石燃料によって作られてきましたので、再生可能エネルギーで作られる意義は大きいですね。

「及するための課題」
  1. 工場から各地の水素ステーションに安全に運ぶためには、水素を超低温 -253℃ の液体にして効率的に運ばなければなりません。
  2. 各地に作る水素ステーションの建設費はガソリンスタンドの約4倍の5億円程度かかり、普及を鈍らせる原因となっています。2月17日時点では、全国で41か所に留まっています。まだまだ車を使えるようになっても気軽に遠出とは行きませんね。
  3. 燃料電池車の普及
    トヨタ自動車の「ミライ」に続いて、ホンダから今月「クラリティー」が発売されました。しかし、広く普及するには価格が高く、量産する技術も完全でないので、注文しても3年も待たなければならない様です。  地球温暖化防止のためにも、今後の技術開発がうまくいくように、がんばってもらいたいものですね。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題SAPIX 5年生組分けテスト予想問題