2017国語物語文出題予想ベスト10

中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

3/12(日)SAPIX 新4・5年生
組分けテスト算数予想問題
公開期間 3/3〜3/10 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2016.5.31配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
日能研5・6年生 算数・国語 今週の攻略ポイント!

<算数 6年生 第33回>

相似と面積比について学びます。

【攻略ポイント1】

拡大・縮小すると同じ形になる図形の関係を相似といいます。つまり同じ形でサイズだけ異なるものが相似の図形です。特に大事なのが三角形と円・扇形の相似です。円どうしは必ず相似になるため、面積や体積の問題で比を利用することにより計算量を減らす際に相似の考え方が役立ちます。一方三角形では、相似の関係が成立するにはある条件を満たさなくてはなりません。その条件とは「角度が同じ」ということです。3か所の角それぞれが等しければ相似になりますが、2か所だけ同じであることがわかれば、残りの角は自動的に同じになるので「2組の角がそれぞれ等しい」というのが相似の条件です。他にも相似が成り立つ条件がありますが中学内容なので覚える必要はありません。

【攻略ポイント2】

カリテでは相似の成立条件を細かく問う問題が出ると思いますが、時間があれば取り組むといったスタンスでよいでしょう。入試で必要なのは、複雑な図形の中に相似の三角形のペアを発見したり補助線を引いてつくったりする力です。その際に、「2組の角がそれぞれ等しい」以外の条件が必要になることはめったにないでしょう。「考えよう1」〜「考えよう3」は基本事項の確認です。ピラミッド型は2つの三角形を別々にかき分けると安全です。「考えよう4」は面積比です。相似比を2乗した比になります。正方形や円は2乗になる理由がわかりやすいのですが、三角形はややわかりにくいかもしれません。また、最終的に比べる面積がどの部分とどの部分なのか間違わないように注意して下さい。(2)は円:ドーナツ型、(3)は三角形:台形となっています。(4)は全体も含めて3個の三角形が相似になります。角度が同じになる理由も説明できるようにしましょう。

【攻略ポイント3】

「考えよう5」は平行四辺形の分割です。とても重要です。まず相似の三角形を見つけます。砂時計型が見つかるはずです。ここからはいろいろなアプローチのしかたがあります。今回学んでいる「相似の図形」と、先週学んだ「高さが同じ三角形」の内容を使いわけることが大切です。
「深めよう1」は単位換算です。嫌いな人も多いでしょう。地図と実際の土地とは相似の関係になるので、面積の比は相似比を2乗したものになります。したがって長さは縮尺を1回だけかけたりわったりして求めるのに対し、面積は縮尺を2回かけたりわったりすることになります。ここは面倒なだけの単なる作業です。苦手にするのはもったいないです。
「深めよう2」は影の問題です。太陽光線は平行線なので相似形が現れます。真横から見た図をかいて相似の三角形を見つけます。補助線が必要なことが多いです。
その他でぜひやっておきたいのは問14です。2組の砂時計を利用します。重なっているので見つけにくいです。問16の光の反射も上位校入試では時々出題される題材なので、触れておきたい問題です。

<国語 6年生 第33回 詩V 主題>

詩の最終回になります。

【攻略ポイント1】

今回は詩の仕上げの回になります。入試では詩が出題された場合、必ず主題の理解がなされているかが確認されます。出題をとらえるには作者が何に対してどのような感動を抱いているか、また詩の内容から読者にどのようなことを伝えようとしているのかを考えることがポイントになります。作者の立場や視点、タイトル、できごと、心情などを手がかりにして主題をとらえていきましょう。また、主題を表す言葉を自身で提示する必要があります。テキストの「主題の答え方」を参考にして設問にあたって下さい。読解Tの問六がそれにあたります。書かれているできごとを具体化して筆者の心情を自身のことばで表現し主題を記述してみましょう。

【攻略ポイント2】語句品詞U

今回は前回の自立語に続き付属語と品詞の識別を学習します。まず、代表的な助動詞の意味と用法を覚えて下さい。「れる・られる」「ようだ」「そうだ」「らしい」「せる・させる」などがそれにあたります。テキストの462ページにも解説、問題がありますので手をつけておきましょう。次に助詞も同じように覚えておきましょう。代表的な助詞はテキスト461ページに問題が記載されています。
最後にまぎらわしい品詞の識別です。これも解説が467ページに用法が記載されていますので目を通しておきましょう。入試では頻出の単元です。得点するためには練習が必要です。今回だけの学習では定着がおぼつかないと思います。そのために夏期講習のテキストでは毎回の内容に文法の演習がありますので苦手な方は夏期に定着できるようにがんばりましょう。

<算数 5年生 第33回>

平均について学びます。

【攻略ポイント1】

平均=合計÷個数というのが公式です。つまり全部たして個数や人数でわると平均が求められます。 この式から合計=平均×個数や個数=合計÷平均の式が導かれます。「考えよう1」はこの公式の確認問題です。かけるのか、わるのか、わるときは何わる何なのか判別できればオーケーです。
「考えよう2」は答を出すまでの手順が長くなります。男子の合計を求め、女子の合計を求め、それをたして全体の合計を求めます。最後に人数でわると平均がでます。
面積図にしてもやることは同じなので、あまりありがたみが感じられないでしょう。題材が身長であるため途中計算で4けた、5けたのかけ算、わり算が現れ疲れます。もう少し簡単な数字にした方が仕組みの理解に集中できると思います。仮平均を設定すると計算が楽になります。ここまでは4年の復習です。

【攻略ポイント2】

「考えよう3」は面積図がとても役に立ちます。必ず面積図をかいて解くようにしましょう。長方形を2個くっつけて高さの真ん中へんに平均ラインを入れます。この構図は今後学ぶ食塩水の問題や水そうの問題などで再び登場します。今のうちにしっかりかけるように練習しましょう。 他に取り組んでおきたい問題としては、問6、問8のわり切れない計算の処理、問7の消去算の考え方の利用あたりがあげられます。上位クラスの人はオプ活後半の表の読み取り問題にチャレンジしたいところです。

<国語 5年生 第33回 論説文U 理由(2)>

今回も論説文における筆者の主張の根拠をとらえる学習になります。

【攻略ポイント1】

前回の学習内容である理由を示す接続語にも着目して根拠をとらえていきましょう。また、理由を示す接続語を使わずに根拠を提示する場合も多くありますので、今回は特に事実に対する背景=因果関係をとらえて下さい。例えば読解Tの設問一では「土砂の流出が多い」という事実の理由を説明します。現在の森林で「土砂の流出が多い」のはなぜかを本文の中から探し指定された字数に過不足なく答えをまとめます。「土砂の流出が多い」という事実=結果の背景=理由はそれより前に記述されています。つまり理由が前で結果が後ろという文脈で書かれています。このような原則を手がかりとして答えの場所を探してみてましょう。また、答えを記述する際は本文のどの部分とどの部分をつなげて構成するかを考え、主語述語、修飾語の係り受けに注意しながら整えて下さい。

【攻略ポイント2】語句 上位語・下位語

今回は言葉の大きさについて学習します。この学習は解答を記述する際の技術的なことにつながります。記述する場合字数の指定に合わせて内容を過不足なく書くことが求められます。その際には本文の内容を抽象化してまとめることが、必要になります。今回の学習では内容を抽象化することを体験して下さい。ポイントは授業での取り扱いに関係なく、簡単な基本問題でとどまらず応用問題まで行なうことです。この応用問題は3つの文に共通する概念をまとめる言葉を探す問題で記述の基礎的な練習になります。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


夏休み短期指導コース
SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4・5年生マンスリー予想問題