中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

12/22(金)SAPIX 5年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/15〜12/21 17時まで 詳細はこちら

12/12(火)SAPIX 4年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/5〜12/11 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2017.3.22配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
元日能研講師が教える、6年生がGWまでに結果を出すために見直すべき4つのこと

今回は直前である春期講習からGWまでの過ごし方や身につけるべきことをお伝えしたいと思います。前回お伝えした「1学期に為すべきこと」からより期間をしぼり、国語についての内容になります。合格に向けて良いスタートが切れるように頑張りましょう。

【生徒の皆さんが見直しておきたいこと】

1.授業態度を見直そう

なんといっても合格のためのスキルアップのキーは授業にあります。授業の受け方で力の差が大きくなります。予鈴(5分前)には着席して授業準備をして気持ちを切り替えておきましょう。今日の授業は何をするのか、テキストの内容を確認してノートや筆記用具の準備をして下さい。 授業では板書だけではなく先生の解説の重要なところもメモして下さい。また、他の生徒の発言や先生の発問に集中して下さい。授業の基本は、見る・聞く・書く・考えるです。常にこの姿勢を忘れないようにして下さい。

2.学習習慣を見直そう

日特や特別講座を入れると通塾日数は週に5日になります。拘束時間が多い分、自宅での学習計画が大切になります。いつ何をするのか、計画を立ててしっかり実行できる人が夢を叶えます。勉強と無関係な時間を自宅で作らず受験中心の生活を送りましょう。

3.復習の仕方を見直そう

日能研の場合、家庭学習として課せられていることは『栄冠』と漢字(『語句のたしなみ』)です。これは他塾と比較して少ないと言えます。私の感覚で言えばサピックスは3倍、早稲アカでは2倍の量が課せられています。この現実を認識して下さい。課せられていることだけをしていれば良いと考えるのは危険です。 しかし、日能研の良さはここにあると言えます。つまり、家庭学習に自由度があり、個々に苦手な分野のプランが立てられるのです。国語の苦手な方は持っているものをフルに活用しましょう。本科テキストの未消化問題や日特のテキストの未消化問題を行うのも一つの方法です。しかし、やみくもに解くのでは効果は上がりません。各文種の読解方法を意識して文章の分析を心がけて下さい。文章読解の基本は以下の通りです。

T 物語文読解の4つのポイント
  1. 場面がどこでどのように切り替わっているか。
  2. 登場人物の心情と性格はどのようなものか。
  3. どのような人物関係がえがかれているのか。
  4. 出来事と心情にどのような因果関係があるのか。
U 論説文読解の3つのポイント
  1. 何を話題とした文章なのか。
  2. 具体例とそれに対する筆者の考えを区別して、的確に理解できるか。
  3. 文章全体を踏まえて、筆者は何を主張しようとしているのか。

この他随筆や詩歌がありますが、まずはこの二つに力を注ぎましょう。

4.わからない問題の対処法を見直そう

授業中の疑問点や家庭学習での疑問点をそのままにせず必ず質問しましょう。解答を見ても答えの根拠が解らないものは先生に質問して下さい。日能研の良さは質問できる人が沢山いることです。先生と話しづらい場合も教室スタッフやチューターの方に質問できます。質問して「そうか!」と思えることが学力向上につながります。

【保護者の方がなすべきこと】

この時期、お子様がまだ本気モードになっていない、どうした良いか。という相談を受けます。小学生が初めての経験で当事者意識を持つことは難しいと思います。まずは保護者の皆さんから変わりましょう。その為の行動として、テストの問題と答案の内容を見る、小テストの点数を確認する、ノートの内容を確認する、そして何をアドバイス出来るか考え具体的な指示を与えて下さい。
 しかし、学習方法や解法のアドバイスは難しいと思います。その場合は教室の担当の先生に生徒面談や三者面談をお願いしてみて下さい。周りの大人が本気であればお子様も少しずつ変化していくはずです。今やるべきことを実践することが、合格のためにはどうしても必要であることをお子様に常に意識させましょう。
 次に環境を整えて下さい。生徒向けに前述した通り、この10ヵ月は当然生活の中心は勉強であり受験です。勉強に無関係な時間を無くすことが大切です。そのための生活管理は大切です。お子様とぶつかることもあると思います。親子関係が悪化してまですべきであろうか、と考えがちですが受験は子どもを成長させると信じて下さい。最後にはいっそうの絆ができているはずです。

【最後に】

生徒の皆さんと保護者の皆さんにいま何を考え、何をすべきかをまとめてみました。ご参考になれば幸いです。あと10ヵ月悔いのないようにやりきりましょう。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題SAPIX 5年生組分けテスト予想問題