中学受験!パパとママの勉強部屋

中学受験鉄人会 公式Facebook はじめました。
文字サイズ大中小
今なら、算数&理科の工夫 ハンドブックをプレゼント!

現在位置: 家庭教師の中学受験鉄人会 HOME>>メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

12/22(金)SAPIX 5年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/15〜12/21 17時まで 詳細はこちら

12/12(火)SAPIX 4年生
マンスリーテスト算数予想問題
公開期間 12/5〜12/11 17時まで 詳細はこちら

メールマガジン

メールマガジン『 鉄人の一通入魂』

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!

2017.8.29配信
絶対に役立つ中学受験専門プロ家庭教師からの必勝アドバイス!
四谷大塚・早稲田アカデミー4・5年生 予習シリーズ算数下 第1回攻略ポイント

<算数 5年下 第1回 >

第1回は『比(1)』です。比とは、割合の表し方のひとつです。割合では、もとにする量を1とし、比べる量を小数や分数で表していますが、比では倍数を利用して、どちらも整数になるように表します。例えば、比べる量が0.3の場合、もとにする量を10とし、比べる量を3と表します。この後の算数では、多くの場面で比を活用しますので、基礎となる用語や使い方などを、しっかりと学習しましょう。なお、分数は、分子/分母の形で表示します。

【攻略ポイント1】

比と比の表し方や連比について学習します。基礎となる内容ですのでトレーニングを量的にこなしましょう。また、予習シリーズ7ページの必修例題の前に書いてある内容をよく読み用語をしっかり身に付けましょう。

「必修例題1」は、比を簡単にする(できるだけ小さな整数の比にする)問題です。

  1. 30と45の最大公約数である15で、前項と後項を割ります。よって、30:45=2:3です。
  2. 小数を分数に直して、0.25=1/4とします。1/4と3/5に、分母(4と5)の最小公倍数である20をかけて整数にします。よって、0.25:3/5=1/4:3/5=5:12です。
  3. 単位のついている数の場合には、単位をそろえます。a(アール)を平方mの単位にしてそろえます。200平方m:120平方m=200:120=5:3です。

「必修例題2」は、文章の中の数量について、比を作る問題です。

  1. 5年生の男子の人数は18人、5年生の女子の人数は12人です。この男子と女子の人数の比を問われていますので、18:12=3:2より、5年生の男子と女子の人数の比は、3:2です。
  2. 5年生の人数は、18+12=30人、6年生の人数は、32+18=50人です。30:50=3:5より、5年生と6年生の人数の比は、3:5です。
【攻略ポイント2】

比の積と商について、学習します。予習シリーズ8ページの必修例題3の前の説明をよく読みましょう。比の積と商は、簡単なようでいて、なかなか対応しづらい内容です。

「必修例題3」は、比の積と商の問題です。

  1. 表示金額(硬貨に表されている金額)×枚数=金額ですから、(10円×4):(50円×1)=4:5より、金額の比は、4:5です。
  2. 枚数=金額÷表示金額ですから、(3÷10円):(5÷50円)=3/10:5/50=3:1より、枚数の比は、3:1です。
【攻略ポイント3】

比の1あたりの量について学習します。割合の場合と同様、比の1あたりの量を求めて、問われている量を求めます。文章中に与えられている条件は、比の前項・後項のどちらの実際量が与えられているか、実際量の和が与えられているか、実際量の差が与えられているかの3通りのうちのどれか1つです。この読み取りが重要となります。

「必修例題4」は、比の1あたりの量を求め、そのうえで、問われている数量を考えます。

  1. 男子の人数24人が、比の3を表していますので、24人÷3=8人が、比の1つ分です。よって、女子(比の2)の人数は、8×2=16より、16人です。
  2. 2人のもらった金額の合計が400円ですから、400円÷(5+3)=50円が、比の1つ分です。よって、50×5=250より、姉は、250円もらいました。
  3. 予習シリーズ7ページの説明にありますように、分数は比の値を表しますので、3/7=3:7のことです。この比の差が12ですので、12÷(7−3)=3が、比の1つ分です。よって、分子は3×3=9、分母は3×7=21より、この分数は、9/21です。

「必修例題5」は、変化していないものは何かを読み取る問題です。
兄と弟が、同じ金額を出し合いますので、2人の所持金の差は、ボールを買う前と後では変わらないことに注目します。予習シリーズ10ページの解き方にある線分図を参照してください。所持金の差は、1050−750=300円で、この金額が、比の差になります。300円÷(3−1)=150円が、比の1つ分です。よって、150×(3+1)=600より、残りの金額の合計は600円です。1050+750−600=1200より、ボール1個は、1200円でした。

【攻略ポイント4】

3つ以上の項でできている比を、連比といいます。

「必修例題6」は、2項の比2組から、3項の連比を作る問題です。

  1. A:B=3:4、B:C=8:7において、Bは4および8になっています。これは、2組の比において、比の1つ分がことなるからです。このままでは、AとCを比べることはできません。そこで、比の1つ分をそろえる(比を統一する)ことが必要になります。Bの4と8を最小公倍数の8にします。A:B=3:4=6:8ですから、A:B:C=6:8:7となります。
  2. 太郎君の年令はお母さんの年令の3/8ですから、年令を比で表すと、お母さん:太郎君=1:3/8=8:3となります。太郎君の年令の比を、2と3の最小公倍数である6に統一すると、お父さん:太郎君=7:2=21:6、お母さん:太郎君=16:6です。よって、お父さん:お母さん:太郎君=21:16:6より、お父さんとお母さんの年令の比は、21:16です。

<算数 4年下 第1回 >

第1回は 『約数と公約数』です。整数に関する問題の基礎となりますので、ていねいに学習して身に付けてください。作業的な部分が多く、まずは、約数を求める、最大公約数を求めるといった、基礎のトレーニングが今後の学習に必要となります。予習シリーズ7ページ、8ページに書いてある用語(素数、約数、公約数、最大公約数)をきちんと理解しましょう。

【攻略ポイント1】

0でない3つの整数A、B、Cにおいて、A÷B=C(または、A=B×C)となる関係があるとき、BやCをAの約数といいます。予習シリーズ7ページにある用語(素数、約数)をきちんと理解しましょう。

「必修例題1」は、ある整数について、その約数を求め、その個数を求める問題です。
 56を2つの整数の積に表しますと、1×56、2×28、4×14、7×8となります。よって、56の約数は、{1、2、4、7、8、14、28、56}の8個です。

「必修例題2」は、約数を利用して、条件にあった整数を求める問題です。
 文章を整頓すると、90÷□=〇あまり10となり、この式の□にあてはまる数を求めます。約数に関する問題では、あまりは考えません(A÷B=Cのかたちで考えます)ので、90からあまりの10を引いて、80÷□=〇としますと、□は、80の約数として考えることになります。ただし、あまりが10ですので、□は10より大きい数ですから、10より大きい80の約数、が条件にあてはまることに注意しましょう。前問と同様に、80を2つの積で表すことにより、約数を求めると、{1、2、4、5、8、10、16、20、40、80}となります。このうち、10より大きい約数を考えます。よって、あてはまる整数は、{16、20、40、80}です。

【攻略ポイント2】

公約数、最大公約数について、学習します。予習シリーズ8ページから9ページの説明や用語(公約数、最大公約数、連除法)をきちんと理解しましょう。

「必修例題3」は、連除法による最大公約数を求める問題です。予習シリーズ9ページの解き方にある連除法を参照してください。

  1. (60、96)をともに素数2で割ると、(30、48)となり、まだともに2で割れるので割って、(15、24)となります。この後は、2で割れないので、次の小さい素数3で割ると、(5、8)となり、これ以上共通に割れる数はありません。よって、共通に割った数の積、2×2×3=12より、最大公約数は12です。
  2. (42、56、98)をともに素数の2で割ると、(21、28、49)。次の素数3、5では割れないので素数7で割って、(3、4、7)となり、これ以上共通に割れる数はありません。よって、共通に割った数の積、2×7=14より、最大公約数は14です。

「必修例題4」は、文章問題です。
 赤い色紙と青い色紙を何人かの子どもに、それぞれ同じ枚数ずつ配りますので、子どもの人数を□人にして式に整頓すると、赤い色紙については、28÷□=〇、青い色紙については、48÷□=△あまり6となります。□は、28の約数であり、(48−6=)42の約数ですから、28と42の公約数を求めればよいことになります。公約数は最大公約数の約数ですから、まず、最大公約数を求めます。連除法により、最大公約数は14となり、公約数は、14の約数である{1、2、7、14}です。しかし、あまりが6ですので、□にあてはまる数は、{7、14}です。よって、子どもの人数は、7人か14人です。

われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。


SAPIX 5年生組分けテスト/算数攻略ポイント
SAPIX 4年生組分けテスト予想問題SAPIX 5年生組分けテスト予想問題