No.1252 算数は大問2の小問集合が合否を分ける!塾対象学校説明会レポート(城北中学)

校舎外観1(筆者撮影)

実施日:2022年11月23日(水)

今回の内容は以下の3点です。
******************************************************************************
1.2023年度中学入試要項の変更情報
2.城北中学入試の特徴について
・帰国生への優遇
・複数回受験者への優遇
・繰り上げ合格について
・持ち物について 
3.各科目の注意点について
*******************************************************************************

1.2023年度中学入試要項の変更情報

 昨年度、今年度と実施してきた「追加入試」を来年度は実施しません。

 それ以外の入試内容については今年度から変更ありません。

2.城北中学入試の特徴について

【帰国生への優遇】

 以下のいずれかの条件を満たしている帰国生は、海外在住証明書を提出すると、合計点数に10点加算されます。

・1年を超える期間海外に在留し、帰国後3年以内(2020年1月1日以降に帰国)の日本国籍の者
・1年を超えて海外に在留中の日本国籍の者

【複数回受験者への優遇】

 複数回受験をして、各回の点数が合格点に近い場合に、優遇する措置があります。
 合格点にどこまで近いか、という点数の幅は公表していません。複数回については、第1回と第2回、第1回と第3回、第2回と第3回のどの組合せでも優遇の対象となります。

【繰り上げ合格について】

 ここ数年、繰り上げ合格を出していませんが、来年度も入学手続きの状況を考慮して、繰り上げ合格を出すことを想定はしています。
 繰り上げ合格の連絡は学校から電話で行いますが、留守などで電話がつながらなかったからといって合格を取り消すことはありません。

【持ち物について】

・定規、コンパス、分度器は不要です。必要となる場合は、学校側で用意をします。
・時計は各教室に設置されています。
・塾のテキストなどを教室に持ち込むことはできます。その場合、試験開始時にしまうように声かけをします。

※2023年度募集要項の詳細はこちらをご覧ください。

校舎外観2(筆者撮影)

3.各科目の注意点について

【国語の注意点】

・問題構成は5年ほど前から、大問1が「小説の読解」、大問2が「漢字」の大問2問構成になりましたが(論説文はなし)、来年度もこの構成に変わりありません(第1回、第2回、第3回とも)。
・配点の比率は、小説読解:漢字=9:1です。
・記述を多めに出しますので、しっかり練習をして欲しいとのことです。記述は配点が高く設定しており、その分、部分点の幅も広く取っています。
・漢字の書きについて、トメハネを細かく見ることはないですが、正しく丁寧に書く意識を持って欲しいとのことです。

【算数の注意点】

・問題構成は今年度と変わらず、大問1が計算、大問2が小問集合、大問3から大問5が小問を含む応用問題となります。
・解答は答えのみで、式や考え方を書かせるものではありません。ですので、筆算や計算過程のメモなどは、問題用紙の余白に書き込んで、解答用紙には書き込まないように注意してください。
・毎年、点数の分かれ目になるのは、大問2の小問集合で、ここで高い点数を取れる生徒さんが合格しているケースが多いとのことです。
・分数の表記について、帯分数、仮分数はどちらでもOKですが、約分のミスは減点となります。

【社会の注意点】

・採点の構成は、地理25点、歴史25点、公民20点の比率で、来年度も変更はありません。
・地理については、身近なテーマからの出題(今年度は自然災害やコロナがテーマに)が多いですが、定番の問題がほとんど(雨温図や県別生産量のグラフなど)です。
・歴史は古代から終戦まで、まんべんなく出題対象になります。文化史はなかなか手が回らないかと思いますが、各時代の文化作品をテキストの範囲内でおさえておいて欲しいとのことです。
・公民も定番の出題が多くなりますが、時事問題はしっかり対策をしておいて欲しいとのことです。時事問題の対象は、「2022年8月くらいまでに起きた出来事」になります。
 毎年、地理、歴史に比べて公民の得点率が低いので、公民までまんべんなく対策をしておいて欲しいとのことです。

【理科の注意点】

・採点の構成は、物理20点、化学20点、生物15点、地学15点の比率で、来年度も変更はありません。
・実験の問題はテキストで出てくる範囲の問題で、特段難しい設定にはしていないので、日々の演習を大事にして欲しいとのことです。
・入試問題で「レポートを書く力」を見ますので、グラフや図、短文を書く練習をしっかり積んでおいてください。
・例年出題する「お絵かき(スケッチ)問題」を来年度も出題する予定ですが、この問題ができなくても他の問題で正解できれば合格ラインに達することはできるので、特殊な問題ですが、この問題にこだわり過ぎないようにして頂きたいとのことです。

 われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

メールマガジン登録は無料です!

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!メールアドレスの入力のみで無料でご登録頂けます!

ページのトップへ