No.1240 2023年度入試で出題される確率が高い物語のベストテンを発表します!

 来年2023年度中学入試の国語・物語文で出題確率が高いと思われる作品を、ベストテン形式で選びました。各作品をご紹介したメルマガでは予想問題をご覧になれます(本文中にリンクが貼ってあります)。また、作品ごとにどの層の中学で出そうかを書いておきました。具体的な学校名もできる限り予想しています。
 入試では、既知の作品が出ると非常に有利です。6年生のお子様方は作品を読む時間がないかと思いますので、予想問題を解いて各作品の中学受験的テーマ、出題のポイントをつかんでください。5年生以下の皆さんにはぜひ手に取って読んで欲しい頂きたいです。

【ベストテン】

第10位:『星屑すぴりっと』林けんじろう(講談社)
【中堅校から上位校。特に成城中・江戸川取手中は要注意】

第9位:『空と大地に出会う夏』濱野京子(くもん出版)
【中堅校から上位校。特に洗足学園中・香蘭女学校は要注意】

第8位:『ラベンダーとソプラノ』額賀澪(岩崎書店)
【上位校から最難関校。特に桜蔭中は要注意】

第7位:『博士の長靴』瀧羽麻子(ポプラ社)
【上位校から最難関校。特に豊島岡女子中・鷗友学園女子中・横浜雙葉中は要注意】

第6位:『夜に星を放つ』窪美澄(文藝春秋)
【上位校から最難関校。特に市川中・聖光学院中・渋谷教育渋谷中は要注意】

第5位:『おにのまつり』天川栄人(講談社)
【中堅校から上位校。特に学習院中等科・浦和明の星中は要注意】

第4位『シャンシャン、夏だより』浅野竜(講談社)
【中堅校から上位校。特に立教女学院中・学習院中等科・浦和明の星中は要注意】

第3位:『スクラッチ』歌代朔(あかね書房)
【中堅校から最難関校。特に海城中・学習院女子・鷗友学園女子・青山学院中等部は要注意】

第2位:『ななみの海』朝比奈あすか(双葉社)
【上位校から最難関校。特に豊島岡女子中・桐朋中・浅野中は要注意】

第1位:『ソノリティ はじまりのうた』佐藤いつ子(KADOKAWA)
【中堅校から最難関校。特に栄光学園中・慶應義塾普通部・品川女子学院は要注意】

【第10位】

『星屑すぴりっと』林けんじろう(講談社)

amazon『星屑すぴりっと』林けんじろう(講談社)

 2021年度の第62回講談社児童文学新人賞で佳作を受賞した作品です。中学受験的テーマは「友人関係」です。広島の尾道から京都まで旅をする中学生男子2人がぶつかり合いながら互いの理解を深めて行く過程が描かれています。中堅校から上位校まで幅広く出題される可能性がありますが、男子ならではの言葉遣いが目立ちますので、成城中や江戸川取手中など上位の男子校か共学校は要注意です。

☆2022年10月23日配信メルマガ
由緒正しき中学受験的王道の友情物語!『星屑すぴりっと』林けんじろう 予想問題付き!

【第9位】

『空と大地に出会う夏』濱野京子(くもん出版)

amazon『空と大地に出会う夏』濱野京子(くもん出版)

 中学受験的テーマは「友人関係」です。合理的な考え方をする主人公が自分とは全く異なるタイプの同級生たちと過ごす時間を通して、自分を見つめ直す姿が描かれています。児童書ではありますが、細やかな心情表現が多く、高い読解力が求められます。出題する学校は中堅校から上位校まで幅広くなりますが、繊細なタッチで描かれていることから、男子校よりは女子校の方が出す可能性が高いでしょう。特に、洗足学園中、香蘭女学校などの上位の女子校は要注意です。

☆2022年10月16日配信メルマガ
“合理的”の定番崩しがポイント!『空と大地に出会う夏』濱野京子 予想問題付き!

【第8位】

『ラベンダーとソプラノ』額賀澪(岩崎書店)

amazon『ラベンダーとソプラノ』額賀澪(岩崎書店)

 中学受験界の新女王、額賀澪氏による初の児童文学作品です。「多様性」、「他者理解」という中学受験国語の頻出テーマが題材となっているだけでなく、トランスジェンダーなどの社会的テーマまで描かれています。9月に発刊されており、入試問題作成の時間が限られる点で、出題する学校は上位校から最難関校に限定されるでしょう。その中でも遅い時期に発刊された作品の出題実績のある桜蔭中(今年度出典の『そらのことばが降ってくる  保健室の俳句会』高柳克弘は2021年9月8日の発刊でした)は要注意です。

☆2022年10月9日配信メルマガ
出る気配しかしない!中学受験の新女王による『ラベンダーとソプラノ』額賀澪 予想問題付き!

【第7位】

『博士の長靴』瀧羽麻子(ポプラ社)

amazon『博士の長靴』瀧羽麻子(ポプラ社)

 中学受験の頻出作家、瀧羽麻子氏による連作短編集の中で、最終章の『二0二二年 立春』を第7位としました。中学受験的テーマは「家族関係」です。同じ語句のくり返しによる効果や、象徴的存在など、中学受験の物語文読解の力を向上させるうえで覚えておくと得をする表現技法が満載です。登場人物の何気ない表情や言葉から心情を読み取る力が求められる作品です。そういった特徴から、出題が予想される学校は上位校から最難関校になります。特に細やかな表現が多いこともあり、豊島岡女子中・鷗友学園女子中・横浜雙葉中といった上位・最難関の女子校は要注意です。

☆2022年5月21日配信メルマガ
覚えておくと得をする表現技法が満載の連作短編集!『博士の長靴』瀧羽麻子 予想問題付き!

【第6位】

『夜に星を放つ』窪美澄(文藝春秋)

amazon『夜に星を放つ』窪美澄(文藝春秋)

 今年度上半期の直木賞受賞作品です。収録されている5編の短編のうち、最後に収録された『星の随(まにま)に』を第6位としました。中学受験的テーマは「家族関係」です。小学4年生の男子がマンションに同居する年配の女性との出会いを通して心を成長させ、そのことがきっかけで家族関係が変化して行くという内容で、表現としても物語文読解の重要なエッセンスが含まれています。一般文芸書で文章の難度が高いので出題が予想される学校は上位校から最難関校と予想されます。特に、大人向けの文章を出題することの多い市川中、聖光学院中、渋谷教育渋谷中は要注意です。

☆2022年9月11日配信メルマガ
直木賞受賞作品!来年度入試で注目必至の短編集『夜に星を放つ』窪美澄 予想問題付き!

【第5位】

『おにのまつり』天川栄人(講談社)

amazon『おにのまつり』天川栄人(講談社)

 中学入試のレジェンドあさのあつこ氏も推薦する中学生5人の青春群像劇です。中学受験的テーマは「友人関係」です。岡山県で行われる祭り「うらじゃ」に参加する5人の中学生達が、時にぶつかり合いながら、自分の悩み、家族への想いを打ち明け、理解を深め合って成長して行く姿が細やかな表現で描かれています。出題が予想される学校は中堅校から上位校で、特に互いを思いやりながら成長して行く人物の姿を描く作品を多く出すイメージのある学習院中等科、浦和明の星中は要注意です。

☆2022年9月4日配信メルマガ
頻出テーマ「友人関係・心の成長」を真正面から描いた青春群像劇!『おにのまつり』天川栄人 予想問題付き!

【第4位】

『シャンシャン、夏だより』浅野竜(講談社)

amazon『シャンシャン、夏だより』浅野竜(講談社)

 第23回ちゅうでん児童文学賞で大賞を受賞(2021年3月)した作品です(受賞時のタイトルは『真夏のトライアングル』)。「友人関係」や「家族関係」など中学受験で頻出のテーマが多く含まれていますが、特に注意すべきテーマは「他者理解」です。千葉の町の農家に生まれた6年生男子が同級生たちとぶつかり合い、心の触れ合いを深めて行く過程が美しい田園風景と共に描かれています。出題が予想される学校は中堅校から上位校で、特に「他者理解」をテーマにした出題が多い傾向のある立教女学院中・学習院中等科・浦和明の星中は要注意です。

☆2022年8月9日配信メルマガ
家族、友情、他者理解…重要テーマが盛り込まれた一冊!『シャンシャン、夏だより』浅野竜 予想問題付き!

【第3位】

『スクラッチ』歌代朔(あかね書房)

amazon『スクラッチ』歌代朔(あかね書房)

 コロナ禍で様々な活動が制限される中、いら立ちや憤りを感じながら日々を送る中学3年生が、友人たち、教師、親との心の触れ合いを通して自分を見つめ直して行く物語です。中学受験的テーマは「友人関係」、「家族関係」です。さらに、自然災害に遭ってしまった人物の気持ちの描写もあり、被災者の心情に考えを及ばせるという社会的テーマに向き合う機会も提供してくれる作品です。出題が予想される学校は中堅校から最難関校まで幅広く、特に人物が時間をかけて心情を変化させて行く様子を描いている点で、海城中、学習院女子、鷗友学園女子中、青山学院中等部が出題してきそうなイメージです。

☆2022年10月29日配信メルマガ
傑作!コロナ禍でもがきながら成長する中学生たちを描いた『スクラッチ』歌代朔 予想問題付き!

【第2位】

『ななみの海』朝比奈あすか(双葉社)

amazon『ななみの海』朝比奈あすか(双葉社)

 2020年度入試で開成中、海城中、サレジオ学院中などの難関校をはじめ多くの学校で出題されたことで大きな話題となった『君たちは今が世界(すべて)』(角川文庫)の著者、朝比奈あすか氏による作品で、児童養護施設で生活をする女子高校生の心の葛藤が描かれています。中学受験的テーマは「自分との向き合い方」です。単純な「友人関係」や「家族関係」が描かれているのではなく、主人公がマイナスな感情を含めた様々な心情と向き合いながら、自分の生き方を見出して行く様子が表されている作品です。文章中の表現から人物の真意を深く読み取る力を求められる点で、上位校から最難関校での出題が予想されます。特に等身大ではない人物の複雑な心情を題材とする傾向のある、豊島岡女子中・桐朋中・浅野中は要注意です。

☆2022年3月12日配信メルマガ
中学入試最重要作家の最新作!『ななみの海』朝比奈あすか(双葉社)予想問題付き!

【第1位】

『ソノリティ はじまりのうた』佐藤いつ子(KADOKAWA)

amazon『ソノリティ はじまりのうた』佐藤いつ子(KADOKAWA)

 発刊以来、鷗友学園女子、横浜共立中など数多くの学校で出題されてきた『キャプテンマークと銭湯と』の著者・佐藤いつ子氏による青春小説の傑作です。中学受験的テーマは「友人関係」、「家族関係」です。合唱コンクールを舞台として、同じクラスの中学1年生5人がそれぞれに友人・家族関係で悩み、もがきながらも成長して行く姿を描いた本作品は連作短編集という作問しやすい構成である点からも、中堅校から最難関校まで幅広い学校での出題が予想されます。特に、登場人物の何気ない言葉や行動からの出題が多い傾向のある栄光学園中・慶應義塾普通部・品川女子学院は要注意です。

☆2022年5月29日配信メルマガ
中学受験物語文の新たな定番作品!『ソノリティ はじまりのうた』佐藤いつ子 予想問題付き!

 われわれ中学受験鉄人会のプロ家庭教師は、常に100%合格を胸に日々研鑽しております。ぜひ、大切なお子さんの合格の為にプロ家庭教師をご指名ください。

メールマガジン登録は無料です!

頑張っている中学受験生のみなさんが、志望中学に合格することだけを考えて、一通一通、魂を込めて書いています。ぜひご登録ください!メールアドレスの入力のみで無料でご登録頂けます!

ページのトップへ